DHAとEPAは体内で作れる?|DHA・EPAサプリメントもっと

DHAとEPAは体内で作れる?

DHA・EPAの体内合成について

DHA・EPAの体内合成

DHAの体内合成はゼロではありません。同じ不飽和脂肪酸の中のオメガ3の仲間であるα-リノレン酸やEPAによる、微量の体内変換の可能性があります。しかしα-リノレン酸もEPAも、体内合成ができない成分であり体内変換も微量のため、DHAも含めてオメガ3は体内合成ができない必須脂肪酸と分類されています。

 

摂取するには

DHA・EPAは体内でほとんど作られない必須脂肪酸なので、摂取するためには食生活から摂取するしかありません。特に魚以外にはごく微量しか含まれていないことから、魚を食べることからしか必要分のDHA・EPAを摂取することは不可能と言えます

 

しかし現代はサプリの技術も発達し、DHA・EPAをサプリから補給することができます。そこで毎日の食事でも魚の摂取を意識した上で、サプリをプラスすると良いのではないでしょうか。特に魚の中でも青魚と言われる魚にはたくさんのDHA・EPAが含まれているので、意識的に摂るようにしたいものです。

 

魚料理が苦手な人は缶詰にもDHA・EPAは豊富に含まれているので、青魚系の缶詰の摂取を意識してみるのもおすすめです。ちょっと手間をプラスするだけで、立派な一品にもなります。スープに入れてもおいしく食べられます。また簡単に卵をプラスしてもいいのではないでしょうか。 

 

青魚が苦手な人は、例えば内臓も食べられる鮎や、ウナギ、牡蠣、銀ダラ、銀鮭、マス、シシャモ、白魚、鮭、タラコ、ヒラメ、ホタルイカ、ホタテ、イカ塩辛などにもDHA・EPAが豊富に含まれているので、意識的に食べることも考えてみましょう。

(出典:文部科学省の「日本食品標準成分表2015年版(七訂)脂肪酸成分表編 題2章 第1表」)

DHA・EPAサプリメントもっと比較ランキング