DHAとEPAの厚生労働省の摂取基準|DHA・EPAサプリメント

DHAとEPAの厚生労働省の摂取基準

厚生労働省の基準について

 

厚生労働省による「望ましいEPA及びDHAの摂取量」として、18歳〜70歳以上までの男女すべてが1g以上となっています。小児については算出されていませんが、「成人の値を参考に魚を摂取する習慣を付けることが望ましい」となっています。また妊婦や授乳中の女性については1日1.9gの摂取を目安量としています。

DHA・EPAは現代社会には欠かせない

現代社会はストレスが多く、運動不足や肉食中心の食生活など、血液を正常化するDHA・EPAは健康な毎日を送るためにも欠かせない成分と言えます。また高齢化社会が進んでいる現在、アルツハイマーなどの予防や改善にも関わっているDHA・EPAは欠かせません。

 

現代社会には欠かせないDHA・EPA

考える力、記憶力などにも深く関係しているDHA・EPAは、ストレスの多い現代人や成長期の子どもたちにも欠かせないことであり、厚生労働省の摂取基準を下回ることは防ぎたいものです。

 

なぜ、摂取目標量が1gなのか

例えば日本人の妊婦を対象とした研究では、EPA・DHA 摂取量が多い群(0. 83g/日)と、少ない群(0. 24 g/日)を比べると、アレルギー性鼻炎罹患にかかる確率が減少していたという報告があります。
他にも認知症やさまざまな疾患に深い関係があるという研究報告がある中、EPA ・DHA 量を0. 9g/日摂取している群で、有意に非致死性の心筋梗塞罹患の減少が認められていることなどから「18 歳以上1g/日以上のEPA ・DHA摂取量(魚で約90 g/日以上)が望まれる」という基準となったのです。

DHA・EPAサプリメントもっと比較ランキング

DHAとEPAの厚生労働省の摂取基準|DHA・EPAサプリメント記事一覧

妊婦、授乳中の女性妊娠中、胎児の脳は思ったより早く形成されていき、脳内のDHAも増加していきます。また脳内の神経細胞を活性化するためにもDHAは重要であり、普段より多く摂取すべきです。厚生労働省による妊婦と授乳中のDHA・EPAの摂取目安量でも、1日1.8g以上と定められています。(日本人の食事摂取基準2015 年版)また授乳中も赤ちゃんの成長のために欠かせません。青魚であれば100g〜150g程...