DHAEPAの上手な摂取方法|DHA・EPAサプリメントもっと

DHAEPAの上手な摂取方法

刺身で効率良く

DHA・EPAは魚の脂に多く含まれているので、できれば刺身で摂取すると効率良くDHA・EPAが摂取できますただし妊娠中や授乳中の生もの摂取は、中毒などの不安があるため避けたいものです。

焼き魚なら焼き汁を落とさない

焼き魚のDHAEPAの上手な摂取方法

焼き魚の場合は焼いているうちに脂肪が溶け出して、ぽたぽたと落ちてしまいます。魚用グリルなどを利用すると、グリルの皿にたくさんの脂肪が落ちてしまうことに。そこでホイルに包んで蒸し焼きにしたりフライパンで焼くようにし、溶け出した脂肪も食べるようにしましょう。醤油やレモン汁などの調味料を入れてソースにするのもおすすめ。ちょっとした工夫で有効にDHA・EPAを摂れます

煮魚は汁まで食べる

煮魚の場合は煮汁にたっぷりと脂が出ています。煮汁もすべて食べられるように、もともと味を薄めにし、煮汁は少なく調理するようにしましょう。薄味で魚の臭いが気になる場合は生姜を多めに使用し、最後におろし生姜を煮魚に乗せておくと、よりいっそう臭いが消えます。

缶詰を上手に利用

缶詰を上手に利用

魚の缶詰は、素材を缶に入れ蓋をしてから加熱をするため、脂肪はすべて缶の中に入っています。そのため缶詰の魚のDHA・EPA含有量はとても高いので、缶詰を上手に利用した調理も考えましょう。特に缶詰の汁もしっかり食べたいので、塩分の強い味つけのものより、水煮などの方が使いやすい場合もあります。青魚の調理が苦手な人でも一手間掛けるだけでも立派なメニューになります。

抗酸化食品と一緒に摂ろう

DHA・EPAは酸化しやすいという性質があります。そのため魚料理はできるだけ、その日のうちに食べるようにしたいものです。体内に入ったDHA・EPAの酸化を抑えるためには、抗酸化食品を一緒に食べるように心掛けましょう。

抗酸化食品

β-カロテン豊富なカボチャ、人参、ブロッコリー、ホウレン草、リコピンの豊富なトマトや、アントシアニン豊富なナスも抗酸化作用があります。
ビタミンEが豊富な玄米、アボカド、アーモンド。
イソフラボンなどが豊富な大豆製品や、アリシンが豊富なニンニク、ネギ、セロリ、タマネギ。
生姜なども抗酸化作用が強く、キャベツも飛び抜けて抗酸化作用の強い野菜の一つです。
また食事と一緒に飲むドリンク類として、赤ワイン、煎茶、ウーロン茶、ベリー類ジュース、豆乳なども抗酸化作用が強い飲みものです。

DHA・EPAサプリメントもっと比較ランキング