DHAとEPAのオメガ3って何|DHA・EPAサプリメントもっと

DHAとEPAのオメガ3って何?

脂肪酸について

 

脂肪酸について

脂肪酸とは脂肪の構成成分です。まず常温で固まりやすい飽和脂肪酸と、固まりにくい不飽和脂肪酸という2つに分類されます。そして固まりやすい飽和脂肪酸には牛脂、ラード、バター、チーズ、卵黄、肉の脂などがあります。
不飽和脂肪酸の中には、体内では合成できない必須脂肪酸である多価不飽和脂肪と、体内合成ができる一価不飽和脂肪酸があります。一価不飽和脂肪酸にはオレイン酸やオリーブ油などがあり、これらがオメガ9と言われている脂肪酸です。そして多価不飽和脂肪(必須脂肪酸)にはオメガ3とオメガ6があり、オメガ3はDHA・EPA、α-リノレン酸、オメガ6はリノール酸、アラキドン酸などがあります。

 

オメガ3について

オメガ3には主にDHA、EPA、α-リノレン酸の3種類となります。DHA・EPAは主に青魚に多く含有されており、α-リノレン酸は主に亜麻仁油、エゴマ油、シソ油などに多く含まれています。オメガ3が多く含まれている食品は、サバ、アジ、サンマ、イワシ、マグロ、カツオなどの青魚類や、クルミ、アーモンド、大豆類、卵類や貝類、海草類にも少量含まれています。酸化しやすく、熱や光に弱いところが大きな特徴です。

オメガ6について

オメガ6には主にリノール酸、アラキドン酸。コーン油、紅花油、大豆油、ゴマ油、ピーナッツ、ゴマなどがあります。オメガ6のオイルは一般の市販の調理食品などでも使われており、必要以上に摂取しているのが現状です。オメガ3とオメガ6はバランスがとても重要であり、オメガ6の摂取量が非常に多い現代社会では、オメガ6の摂取を減らし、オメガ3の摂取を増やすことが重要です。

オメガ6とオメガ3のバランス

厚生労働省の2015年度・日本食事摂取基準による摂取量の目安のご紹介です。

男性18歳以上
  • オメガ3……1日2.0g
  • オメガ6……1日11.0g
女性18歳以上
  • オメガ3……1日1.6g
  • オメガ6……1日8.0g

この基準によるとオメガ3:オメガ6は約1:5.5となります。しかし現在の状況は約1:10〜1:30というオメガ6の過剰摂取の傾向があると言われているのです。このことからも現代人は毎日の食事の中で市販の揚げ物や総菜を減らし、魚料理を増やす意識が必要だと言えるのではないでしょうか。

DHA・EPAサプリメントもっと比較ランキング