日本人と魚の歴史|DHA・EPAサプリメントもっと比較ランキング

日本人と魚の歴史

縄文時代から魚は食べられていた

縄文時代から魚は食べられていた

日本では縄文時代から魚や貝類を食べていたという証拠が、さまざまなところに点在している貝塚遺跡から発見されています。古墳時代から平安時代は川魚も多く食べられており、魚食の跡が見られる遺跡は、海沿いだけでなく川沿いにもたくさん発見されています。
特にアユ、フナ、コイ、サケなどを好んで食べていたようです。そして海の魚ではタイやカツオがとても大切にされていたと言われています。当時でも干したり加工することで、美味しく保存の利く魚は特に人気があったようです。流通が悪く、川や海の近くに住む人以外の山間部の人が食べることができたのは、このような加工したものがほとんどでした。

 

鎌倉、室町時代に入ると流通が広がる

鎌倉、室町時代に入ると、流通が広がっていき多くの日本人が魚介類を食べるようになっていきます。そして漁業もどんどん盛んになり、鎌倉時代には千葉、和歌山、鹿児島の島などいろいろなところで漁場もでき、現代の私たちが大好きなマグロ、タイ、タラ、ブリ、サバ、などもどんどん獲られるようになったようです。室町時代には魚のすり身を竹に付けて焼いた、現在のかまぼこやちくわの原型のようなものも作られ、保存もできるようになり、海から遠い人も魚を加工したものを食べることができたのです。

 

江戸時代は江戸中心に漁業が広がる

江戸時代は伊豆や相模、房総など現代の神奈川県、静岡県、千葉県など、江戸に近隣の海辺では漁業が盛んになっていったと言われています。当時大量に捕れたイワシなどは綿花やタバコ、菜種などの栽培の肥料にしたようです。
また江戸時代は政治的にも肉食は禁じられていたこともあり、魚中心の食生活でした。また隠れて食べる人もいましたが、一般的には家畜の牛や豚はあまり食べる習慣がなく、せいぜい鶏を捕って食べる程度だったようです。

 

明治以降は高級魚に人気が

明治以降は肉も自由に食べられるようになったこともあり、魚だけでなく肉も食べられるようになりました。戦後の復興も落ち着いた1955年頃から、経済力の高まりと同時に高級魚を食べるようになっていったのです。
国内でも牛、豚、鶏の畜産も増え、肉類が安く一般に手に入るようになり、日本の食生活はどんどん欧米化に変化していき肉食文化が栄えていきました。輸入牛の自由化なども日本人の肉食を増やすきっかけとなり魚食が減少し、2008年には肉と魚の摂取量が同量となり、現在は逆に肉食の方が増えてしまっているのが現状となっています。

 

魚の重要性が見直されている

DHA・EPAが重要な成分であることが多くの人に認知されるようになり、現在では食生活の見直しを意識している人も増えています。しかし魚の捕獲量の低下による価格の値上がりや、嗜好的に魚が苦手という人も増えてしまったこともあり、DHA・EPAサプリの利用も増えているのが現状です。

DHA・EPAサプリメントもっと比較ランキング