オメガ3脂肪酸とは|関連用語説明|DHA・EPAサプリメントもっと

オメガ3脂肪酸とは

脂肪酸について

 

脂肪酸について

脂肪酸とは一般的には脂肪・脂・油などと言われているものの構成要素です。脂肪というと肥満ということにつながり悪い印象があります。しかし脂肪の摂り過ぎは肥満になりますが、生きるためには重要な成分でもあるのです。体内では脂肪組織の中にエネルギーとして蓄えられたり、細胞膜やホルモンの構成、脳にもかかわる重要な成分などもあります。

4つの脂肪酸

脂肪酸には4つの脂肪酸があり、これらのバランスがとても重要なのです。

飽和脂肪酸
動物の脂肪やバターなどに多く含まれている。常温でも固まりやすい脂肪酸です。
不飽和脂肪酸
単価不飽和脂肪酸(オメガ9脂肪酸)

(オレイン酸)サフラワーオイル、キャノーラ油、オリーブオイル、菜種油など。体内でも作り出せる成分で不足することはあまりありません。

多価不飽和酸脂肪(オメガ6脂肪酸)

(リノール酸、アラキドン酸)・紅花油、ひまわり油、コーン油、サラダ油など。オメガ6の摂り過ぎはオメガ3の働きを妨げます。バランスが重要となります。極端な食生活をしない限り不足することはなく、とても摂取しやすい脂肪酸なので逆に過剰摂取に注意が必要です。

多価不飽和酸脂肪(オメガ3脂肪酸)

DHA、EPA、αリノレン酸など。DHAやEPAは青魚やクリルオイルなどに多く含まれています。αリノレンは亜麻仁油やエゴマ油、シソ油などに多く含まれていますが、不足しがちな成分なので意識的に摂取することが必要です。

オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸のバランス

オメガ3とオメガ6とのバランスがとても重要です。18歳の男女の一日の摂取目安量は、男性の場合オメガ3は2.0g、オメガ6は11.0g。女性の場合オメガ3は1.6g、オメガ6は8.0gとなっています。現代人のオメガ3:オメガ6の摂取量バランスは、1:10〜1:30とも言われており完全にバランスは乱れているのです。

 

オメガ3:オメガ6の理想の割合は1:6と言われていますが1:1という研究者もいるほど。わたしたちはオメガ6を減らし、オメガ3を増やすという見直しが必要です。

(出典:厚生労働省の2015年度版・日本人の食事摂取基準)

 

オメガ3脂肪酸の働き

オメガ3はDHA・EPA・αリノレン酸のことを指しますが、これらはそれぞれの特徴と働きがありますが、どれも高い血液正常化パワーを発揮して健康をサポートします。またDHAは血液脳関門を通過し、脳内の情報伝達をスムーズにするニューロンを活性化させ脳機能を高める作用も。またアルツハイマーなどの予防や治療にも大きく期待されています。
DHA・EPAともにアレルギーを促進する酵素を抑制しアレルギー予防のサポートも。またオメガ6とのバランスが崩れると、リノール酸などの過剰な働きによってアレルギーが促進されますが、αリノレン酸はリノール酸に対して競合的な働きをするためアレルギーの予防をします。またαリノレンは体内でDHA・EPAに変換する働きもあります。

 

オメガ3脂肪酸の摂取を見直す

オメガ3脂肪酸は何にでもタップリ含まれているというものではありません。極少量は多くの食品に含まれていますが、十分摂取するためにはやはり魚食の見直しも必要です。日本のDHA・EPAの摂取量を見ても、厚生労働省の推奨している一日の摂取目安量である1gの1/2〜1/3も満たしていない人がたくさんいます。今後の健康のためにもオメガ3脂肪酸摂取の見直しはとても大切なことです。

関連ページ

セサミンとは
胡麻というと昔から「体に良い食べ物」と伝えられてきた食べ物です。そのためいろいろな調理法や加工食品にも胡麻が使われています。そんな胡麻の中のすごいパワーを持った成分がセサミンです。今ではセサミンという言葉は世界中に浸透していますが、その歴史や特徴、働きなどをご紹介したいと思います。
オリザプラスとは
サントリーセサミンシリーズにも配合されている、オリザプラスについてのご紹介です。サントリーが開発した玄米パワーとも言われている注目成分です。
脂肪酸とは
脂肪酸というと女性には特に嫌われそうな、脂肪という言葉が付いていますが、わたしたちが生きるためには欠かせない栄養素でもあるのです。脂肪酸は、脂肪、油、脂と言われているものの構成要素となります。脂肪酸の種類や働きなど、もう少し詳しくご紹介したいと思います。
不飽和脂肪酸とは
脂肪酸の中の不飽和脂肪酸についてのご紹介です。不飽和脂肪酸といっても単価不飽和脂肪酸や多価不飽和酸脂肪があります。どのような成分であり、どのような働きをするのでしょう。
飽和脂肪酸とは
脂肪酸の中には飽和脂肪と不飽和脂肪酸の2種類があります。どちらも大切な脂肪酸ですが、ここでは飽和脂肪酸のご紹介をしたいと思います。
必須脂肪酸とは
脂肪酸の中の不飽和脂肪酸には必須脂肪酸という分類がありますが、一体どのような脂肪酸なのでしょう。当サイト「DHA・EPAサプリメントもっと比較ランキング【管理栄養士監修】」ででてくるの関連用語の説明をしています。
アスタキサンチンとは
アスタキサンチンは鮭やイクラなどの赤い天然色素成分です。どのような働きがあるのかなどまとめてみましょう。当サイト「DHA・EPAサプリメントもっと比較ランキング【管理栄養士監修】」ででてくるの関連用語の説明をしています。
クリルオイルとは
DHA・EPAを多く含むことで人気のクリルオイルのご紹介です。一体どのような魅力があるのでしょう?当サイト「DHA・EPAサプリメントもっと比較ランキング【管理栄養士監修】」ででてくるの関連用語の説明をしています。
フィッシュオイルとは
DHA・EPAの必要一日目標量1gを摂取することはなかなか難しいため、毎日の生活にサプリをプラスしている人も多いのではないでしょうか。そんなDHA・EPAサプリの多くに使用されているフィッシュオイルについてのご紹介します。
亜麻仁油とは
最近注目されているオメガ3脂肪酸ですが、その中のαリノレン酸が豊富な食品の中に亜麻仁油があげられます。DHA・EPAサプリにも配合されているものもありますが、いったいどのようなオイルなのでしょう。
DPAとは
DHA・EPAは多くの人が認知している栄養素ですが、ハープシールオイルに豊富に含まれているDPAという成分が今注目されています。一体どのような成分なのでしょう。
アラキドン酸とは
健康を左右する脂肪酸の中の1つである、アラキドン酸のご紹介です。オメガ6脂肪酸の1つであるアラキドン酸ですが、その働きや性質をまとめてみましょう。
神経細胞ニューロンについて
DHAやアラキドン酸などが脳機能の向上と深く関わっています。そのため乳児のうちからDHAやアラキドン酸が大切であると言われているのです。脳には多くの神経細胞が枝を出して構成されており、その様子を科学者の間ではニューロンの森と呼んでいます。ここでは脳内の神経細胞ではについてご紹介したいと思います。
青魚缶詰について
DHA・EPAを摂取する方法の1つとして、おすすめなのが青魚の缶詰です。なぜ缶詰がおすすめなのか、その優れた部分をご紹介したいと思います。