クリルオイルとは|関連用語説明|DHA・EPAサプリメントもっと

クリルオイルとは

クリルオイルとは

南極に生息している南極オキアミから抽出されたオイルのことを言います。とても小さな生物で外見はエビに似ていますが、実はプランクトンの一種のオキアミです。鯨などの主食にもなる生物です。今までオメガ3脂肪酸が豊富に含まれている健康オイルというと、青魚から抽出したフィッシュオイルが中心でしたが、いろいろな面で優れたクリアオイルが今注目されています。

 

吸収率の高さ

フィッシュオイルは水に溶けにくい性質を持っているため、胃に入ってから分解されるという過程を経て吸収されるため、吸収の時間もかかり酸化のリスクが高くなります。しかしクリルオイルの場合は、豊富に含まれているリン脂肪が乳化剤の働きをしてくれるため、水に溶けやすくなり体内に馴染みやすく吸収も早いと言われています。

 

酸化から守る

DHA・EPAはとても酸化しやすい性質を持っていますが、クリルオイルに豊富に含まれているアスタキサンチンが酸化からガードしてくれるのです。アスタキサンチンは抗酸化パワーを持つカロテノイドの中でも非常に強力な抗酸化パワーを持ち、β-カロテンの約40倍、抗酸化ビタミンとも言われているビタミンEの約1000倍とも言われています。

 

アスタキサンチンの含有量については、フィッシュオイルの場合1gに約8μmolTE/gに対し、クリルオイルの場合約373μmolTE/gもの含有量がありDHA・EPAの酸化を守り、その上アスタキサンチンそのものの働きも期待できるのです。この数値は食品の活性酸素の吸収能力の評価する、米国農務省が開発した最も信頼できるORAC指標によるものとなります。

 

安全性

クリルオイルは地球上でも最も美しい海とも言われている、南極に住んでいるオキアミから抽出したオイルなので、海洋汚染の心配がほとんどないと言えます。フィッシュオイルの場合はどこに生息している魚かも気になるところです。

 

また食物連鎖としても最下層のオキアミは、より蓄積率が低いと言えます。水銀やダイオキシン、他の有害物質などいろいろな海洋汚染が問題視されている今、海洋汚染の不安の少ないクリルオイルは多くの妊娠中、授乳中、子ども用のDHA・EPAサプリに使用されているのです。

関連ページ

セサミンとは
胡麻というと昔から「体に良い食べ物」と伝えられてきた食べ物です。そのためいろいろな調理法や加工食品にも胡麻が使われています。そんな胡麻の中のすごいパワーを持った成分がセサミンです。今ではセサミンという言葉は世界中に浸透していますが、その歴史や特徴、働きなどをご紹介したいと思います。
オリザプラスとは
サントリーセサミンシリーズにも配合されている、オリザプラスについてのご紹介です。サントリーが開発した玄米パワーとも言われている注目成分です。
オメガ3脂肪酸とは
オメガ3脂肪酸という言葉は最近よく聞かれると思いますが、一体どのような脂肪酸なのでしょう。オメガ3脂肪酸の働きや、どのような食品に含まれているのかなどご紹介いたします。
脂肪酸とは
脂肪酸というと女性には特に嫌われそうな、脂肪という言葉が付いていますが、わたしたちが生きるためには欠かせない栄養素でもあるのです。脂肪酸は、脂肪、油、脂と言われているものの構成要素となります。脂肪酸の種類や働きなど、もう少し詳しくご紹介したいと思います。
不飽和脂肪酸とは
脂肪酸の中の不飽和脂肪酸についてのご紹介です。不飽和脂肪酸といっても単価不飽和脂肪酸や多価不飽和酸脂肪があります。どのような成分であり、どのような働きをするのでしょう。
飽和脂肪酸とは
脂肪酸の中には飽和脂肪と不飽和脂肪酸の2種類があります。どちらも大切な脂肪酸ですが、ここでは飽和脂肪酸のご紹介をしたいと思います。
必須脂肪酸とは
脂肪酸の中の不飽和脂肪酸には必須脂肪酸という分類がありますが、一体どのような脂肪酸なのでしょう。当サイト「DHA・EPAサプリメントもっと比較ランキング【管理栄養士監修】」ででてくるの関連用語の説明をしています。
アスタキサンチンとは
アスタキサンチンは鮭やイクラなどの赤い天然色素成分です。どのような働きがあるのかなどまとめてみましょう。当サイト「DHA・EPAサプリメントもっと比較ランキング【管理栄養士監修】」ででてくるの関連用語の説明をしています。
フィッシュオイルとは
DHA・EPAの必要一日目標量1gを摂取することはなかなか難しいため、毎日の生活にサプリをプラスしている人も多いのではないでしょうか。そんなDHA・EPAサプリの多くに使用されているフィッシュオイルについてのご紹介します。
亜麻仁油とは
最近注目されているオメガ3脂肪酸ですが、その中のαリノレン酸が豊富な食品の中に亜麻仁油があげられます。DHA・EPAサプリにも配合されているものもありますが、いったいどのようなオイルなのでしょう。
DPAとは
DHA・EPAは多くの人が認知している栄養素ですが、ハープシールオイルに豊富に含まれているDPAという成分が今注目されています。一体どのような成分なのでしょう。
アラキドン酸とは
健康を左右する脂肪酸の中の1つである、アラキドン酸のご紹介です。オメガ6脂肪酸の1つであるアラキドン酸ですが、その働きや性質をまとめてみましょう。
神経細胞ニューロンについて
DHAやアラキドン酸などが脳機能の向上と深く関わっています。そのため乳児のうちからDHAやアラキドン酸が大切であると言われているのです。脳には多くの神経細胞が枝を出して構成されており、その様子を科学者の間ではニューロンの森と呼んでいます。ここでは脳内の神経細胞ではについてご紹介したいと思います。
青魚缶詰について
DHA・EPAを摂取する方法の1つとして、おすすめなのが青魚の缶詰です。なぜ缶詰がおすすめなのか、その優れた部分をご紹介したいと思います。