アスタキサンチンとは|関連用語説明|DHA・EPAサプリメント

アスタキサンチンとは

アスタキサンチンとは

別名「海のカロテノイド」とも言われており、赤い色の天然色素は脂溶性のカロテノイドで体内合成はできません。カロテノイドの種類は600種類以上あると言われています。赤色色素だけでなく黄色、オレンジ色などさまざまです。カロテノイドで知られている成分にはリコピンやルテイン、β-カロテン、ゼアキサンチンなどがあります。その中でもアスタキサンチンは非常に抗酸化力が強いと言われており、その効力は抗酸化ビタミンとも言われているビタミンEの1000倍にもなるのです。

 

アスタキサンチンの体内蓄積

アスタキサンチンは約8時間程度で血中の濃度が最大になり、約72時間で消失するといわれており体内蓄積はありません。

 

どんな物に含まれているのか

赤い色をした生物に含まれています。例えば鮭、イクラ、筋子だけでなくカニ、エビ、マダイ、桜エビ、オキアミなどには豊富に含まれています。アスタキサンチンはタンパク質と結合しているので、くすんだ色合いに感じますが、加熱することであざやかな赤になるのです。ただしマグロなどの赤身の赤は、アスタキサンチンではありません。実際に加熱すると逆に赤黒くなくなってしまいます。

 

発見

アスタキサンチンは1938年にノーベル賞受賞科学者であるリヒャルト・クーンらによって、ロブスターから発見されました。アスタはロブスターの属名のアスタクスから付けられたのです。

 

注目のヘマトコッカス藻

ヘマトコッカスという藻は、自身でアスタキサンチンを作り出すことができ、もっとも高濃度アスタキサンチンを蓄積しているとして注目されています。ヘマトコッカス藻は淡水に育ち葉緑体を持っているため光合成ができるのです。ヘマトコッカス藻がアスタキサンチンを合成するのは、自身を乾燥や光ストレスから守るためと言われています。

 

アスタキサンチンの役割

眼精疲労改善

アスタキサンチンは栄養素の届きにくい目の奥にしっかり届き、目の疲れによって減少してしまう抗酸化成分として、眼精疲労などの改善や予防に働きます。パソコンを長く使う人が増えている現在、しっかり摂りたい成分の1つです。また失明にもつながるブドウ膜炎にも働くと言われており、アスタキサンチンの炎症抑制パワーが期待されています。他にも加齢による目の中の黄斑トラブルの予防や改善にも期待されているのです。

強力な抗酸化パワー

アスタキサンチンの強力な抗酸化パワーが美肌、血液改善サポートなどにも働き、アンチエイジングを希望している人など、いつまでも若々しく元気に過ごしたいと思っている人におすすめの成分です。また生活習慣が気になっている現代人にも注目の成分の1つであり、悪玉コレステロールの抑制や血液正常化パワーも中高年に期待されている成分です。またアスタキサンチンが肝細胞の脂肪蓄積を抑えることも実証されています。

美白成分としても注目

特に紫外線からの攻撃は活性酸素を増やしシミやしわの原因にもつながりますが、アスタキサンチンは紫外線による光老化予防としても期待されているのです。アスタキサンチンの抗酸化作用によってチロシナーゼを抑制することでメラニン合成を抑えるため、美白に深く関わることも報告されています。

 

アスタキサンチンとDHA・EPAの関係

非常に酸化しやすいDHA・EPAですがアスタキサンチンが介在していると、その強力な抗酸化パワーによって酸化から守られるのです。南極のオキアミから抽出したDHA・EPA豊富なクリルオイルには、アスタキサンチンも豊富に含まれているため、新鮮なDHA・EPAを摂ることができることでも注目されているのです。またDHA・EPAとアスタキサンチンを一緒に摂ることで、免疫機能や血管疾患にも深く関わるという実験結果も報告されています。

 

管理栄養士の一言コラム

鮭は優れた抗酸化食材です

管理栄養士からの一言コラム

ビタミンEの1,000倍の抗酸化作用をもち、疲労回復、メタボ症状の予防・改善、シミの元であるメラニンが作られるのを抑制して美肌づくりに効果があるといわれているアスタキサンチン。アスタキサンチンを多く含む魚の代表が、鮭です。鮭の身の赤色が「アスタキサンチン」に由来しています。なんと、世界で獲れる1/3の量の鮭は日本人が食べているというのだから驚きですね。

その上、鮭はDHAを820r、EPAを492rも含む食材です(100gあたり)。ほかにも、DHA、EPA、ビタミンDなどの栄養素が豊富なので、これからも積極的に食べたい食材です。
焼き魚も良いですが、DHA・EPAが染み出た汁ごと食べられる鮭の味噌味の汁物「石狩汁」や、きのこと一緒に炊き込みご飯などはいかがでしょうか?

関連ページ

セサミンとは
胡麻というと昔から「体に良い食べ物」と伝えられてきた食べ物です。そのためいろいろな調理法や加工食品にも胡麻が使われています。そんな胡麻の中のすごいパワーを持った成分がセサミンです。今ではセサミンという言葉は世界中に浸透していますが、その歴史や特徴、働きなどをご紹介したいと思います。
オリザプラスとは
サントリーセサミンシリーズにも配合されている、オリザプラスについてのご紹介です。サントリーが開発した玄米パワーとも言われている注目成分です。
オメガ3脂肪酸とは
オメガ3脂肪酸という言葉は最近よく聞かれると思いますが、一体どのような脂肪酸なのでしょう。オメガ3脂肪酸の働きや、どのような食品に含まれているのかなどご紹介いたします。
脂肪酸とは
脂肪酸というと女性には特に嫌われそうな、脂肪という言葉が付いていますが、わたしたちが生きるためには欠かせない栄養素でもあるのです。脂肪酸は、脂肪、油、脂と言われているものの構成要素となります。脂肪酸の種類や働きなど、もう少し詳しくご紹介したいと思います。
不飽和脂肪酸とは
脂肪酸の中の不飽和脂肪酸についてのご紹介です。不飽和脂肪酸といっても単価不飽和脂肪酸や多価不飽和酸脂肪があります。どのような成分であり、どのような働きをするのでしょう。
飽和脂肪酸とは
脂肪酸の中には飽和脂肪と不飽和脂肪酸の2種類があります。どちらも大切な脂肪酸ですが、ここでは飽和脂肪酸のご紹介をしたいと思います。
必須脂肪酸とは
脂肪酸の中の不飽和脂肪酸には必須脂肪酸という分類がありますが、一体どのような脂肪酸なのでしょう。当サイト「DHA・EPAサプリメントもっと比較ランキング【管理栄養士監修】」ででてくるの関連用語の説明をしています。
クリルオイルとは
DHA・EPAを多く含むことで人気のクリルオイルのご紹介です。一体どのような魅力があるのでしょう?当サイト「DHA・EPAサプリメントもっと比較ランキング【管理栄養士監修】」ででてくるの関連用語の説明をしています。
フィッシュオイルとは
DHA・EPAの必要一日目標量1gを摂取することはなかなか難しいため、毎日の生活にサプリをプラスしている人も多いのではないでしょうか。そんなDHA・EPAサプリの多くに使用されているフィッシュオイルについてのご紹介します。
亜麻仁油とは
最近注目されているオメガ3脂肪酸ですが、その中のαリノレン酸が豊富な食品の中に亜麻仁油があげられます。DHA・EPAサプリにも配合されているものもありますが、いったいどのようなオイルなのでしょう。
DPAとは
DHA・EPAは多くの人が認知している栄養素ですが、ハープシールオイルに豊富に含まれているDPAという成分が今注目されています。一体どのような成分なのでしょう。
アラキドン酸とは
健康を左右する脂肪酸の中の1つである、アラキドン酸のご紹介です。オメガ6脂肪酸の1つであるアラキドン酸ですが、その働きや性質をまとめてみましょう。
神経細胞ニューロンについて
DHAやアラキドン酸などが脳機能の向上と深く関わっています。そのため乳児のうちからDHAやアラキドン酸が大切であると言われているのです。脳には多くの神経細胞が枝を出して構成されており、その様子を科学者の間ではニューロンの森と呼んでいます。ここでは脳内の神経細胞ではについてご紹介したいと思います。
青魚缶詰について
DHA・EPAを摂取する方法の1つとして、おすすめなのが青魚の缶詰です。なぜ缶詰がおすすめなのか、その優れた部分をご紹介したいと思います。