青魚缶詰について|関連用語説明|DHA・EPAサプリメントもっと

青魚缶詰について

新鮮な魚のDHA・EPAをくまなく摂取できる

新鮮な魚のDHA・EPAをくまなく摂取

缶詰は缶を密封してから加熱・調理をするので、缶詰の中にすべてのDHA・EPAが入っているのです。汁を上手に利用すれば無駄なくDHA・EPAを摂ることができることになります。青魚の缶詰は完全無欠のパーフェクト食品と言えるのです。
DHA・EPAは魚の脂に多く含まれているので、調理法によって多くが流出してしまいます。例えば焼き魚をしたときに、したたり落ちる魚の脂。しかしその脂にこそDHA・EPAが豊富に含まれているのです。煮魚にしても煮汁に多くの脂分は出てしまいます。

 

青魚調理が苦手な人にも

青魚は特に独特の臭いがあります。そのためまず新鮮なものを使用することが大切です。そしてやはり臭い消しを考えて調理をします。例えばサバは味噌によって臭いを消す味噌煮などがあり、イワシの場合は梅干しで臭いを消す梅干し煮などもあります。

 

また血合いを包丁で取りのぞくことで臭いがだいぶ薄くなるなどテクニックも必要となりますが、魚をさばくことのできない若者も多く、臭い消しなどまったく知らない人も多いはず。でも缶詰ならこのような手間もいらず簡単に食べることができます

 

 

いつでもどこでも食べられる

もちろん缶詰なら買い置きしておけば、いつでもどこでも食べることができます。新鮮な魚がないとき、リーズナブルな魚がないときにも利用しましょう。特に缶詰はできたてはもちろん美味しく食べられますが、1年程度たった缶詰は脂や味が身と馴染んでさらに美味しくなると言われているのです。そこで大体1年程度で消費するようにすると美味しく食べられます

 

カルシウムもたっぷり

青魚の缶詰には骨もすべて入っています。そのままでも柔らかく、骨もまるごと食べることができるためカルシウムもタップリ。日本人は平均的にカルシウムが不足していると言われている現在、カルシウム豊富な青魚缶詰は魅力です。ただしフレークタイプは骨がありません。

 

注意すること

青魚の缶詰で注意をすることは、蓋を開けたら早く食べるということです。蓋を開ければ酸化はどんどん進行します。特にDHA・EPAの酸化は早いので蓋を開けたら、1回で食べきるようにしたいものです。

関連ページ

セサミンとは
胡麻というと昔から「体に良い食べ物」と伝えられてきた食べ物です。そのためいろいろな調理法や加工食品にも胡麻が使われています。そんな胡麻の中のすごいパワーを持った成分がセサミンです。今ではセサミンという言葉は世界中に浸透していますが、その歴史や特徴、働きなどをご紹介したいと思います。
オリザプラスとは
サントリーセサミンシリーズにも配合されている、オリザプラスについてのご紹介です。サントリーが開発した玄米パワーとも言われている注目成分です。
オメガ3脂肪酸とは
オメガ3脂肪酸という言葉は最近よく聞かれると思いますが、一体どのような脂肪酸なのでしょう。オメガ3脂肪酸の働きや、どのような食品に含まれているのかなどご紹介いたします。
脂肪酸とは
脂肪酸というと女性には特に嫌われそうな、脂肪という言葉が付いていますが、わたしたちが生きるためには欠かせない栄養素でもあるのです。脂肪酸は、脂肪、油、脂と言われているものの構成要素となります。脂肪酸の種類や働きなど、もう少し詳しくご紹介したいと思います。
不飽和脂肪酸とは
脂肪酸の中の不飽和脂肪酸についてのご紹介です。不飽和脂肪酸といっても単価不飽和脂肪酸や多価不飽和酸脂肪があります。どのような成分であり、どのような働きをするのでしょう。
飽和脂肪酸とは
脂肪酸の中には飽和脂肪と不飽和脂肪酸の2種類があります。どちらも大切な脂肪酸ですが、ここでは飽和脂肪酸のご紹介をしたいと思います。
必須脂肪酸とは
脂肪酸の中の不飽和脂肪酸には必須脂肪酸という分類がありますが、一体どのような脂肪酸なのでしょう。当サイト「DHA・EPAサプリメントもっと比較ランキング【管理栄養士監修】」ででてくるの関連用語の説明をしています。
アスタキサンチンとは
アスタキサンチンは鮭やイクラなどの赤い天然色素成分です。どのような働きがあるのかなどまとめてみましょう。当サイト「DHA・EPAサプリメントもっと比較ランキング【管理栄養士監修】」ででてくるの関連用語の説明をしています。
クリルオイルとは
DHA・EPAを多く含むことで人気のクリルオイルのご紹介です。一体どのような魅力があるのでしょう?当サイト「DHA・EPAサプリメントもっと比較ランキング【管理栄養士監修】」ででてくるの関連用語の説明をしています。
フィッシュオイルとは
DHA・EPAの必要一日目標量1gを摂取することはなかなか難しいため、毎日の生活にサプリをプラスしている人も多いのではないでしょうか。そんなDHA・EPAサプリの多くに使用されているフィッシュオイルについてのご紹介します。
亜麻仁油とは
最近注目されているオメガ3脂肪酸ですが、その中のαリノレン酸が豊富な食品の中に亜麻仁油があげられます。DHA・EPAサプリにも配合されているものもありますが、いったいどのようなオイルなのでしょう。
DPAとは
DHA・EPAは多くの人が認知している栄養素ですが、ハープシールオイルに豊富に含まれているDPAという成分が今注目されています。一体どのような成分なのでしょう。
アラキドン酸とは
健康を左右する脂肪酸の中の1つである、アラキドン酸のご紹介です。オメガ6脂肪酸の1つであるアラキドン酸ですが、その働きや性質をまとめてみましょう。
神経細胞ニューロンについて
DHAやアラキドン酸などが脳機能の向上と深く関わっています。そのため乳児のうちからDHAやアラキドン酸が大切であると言われているのです。脳には多くの神経細胞が枝を出して構成されており、その様子を科学者の間ではニューロンの森と呼んでいます。ここでは脳内の神経細胞ではについてご紹介したいと思います。