関連用語説明|DHA・EPAサプリメントもっと比較ランキング

DHA・EPAサプリメントもっと比較ランキング

関連用語説明|DHA・EPAサプリメントもっと比較ランキング記事一覧

セサミンとはセサミンは胡麻の中の数%しか含まれていないゴマグリナン成分の中の1つです。ゴマグリナンはリグナンの一種で、胡麻に含まれているリグナンを指します。この中にはセサミンの他にもセサミノール、セサモール、セサモリンなどの成分も含まれていますが、ゴマグリナンの半分以上がセサミンのため、セサミンと呼ばれているのです。あの小さな胡麻の1つぶにほんの少ししか含まれないセサミンを十分摂取するには、胡麻そ...

オリザプラスとはオリザプラスは玄米の胚芽部分やぬかに含まれているポリフェノールをサントリー独自の開発によって凝縮した成分となります。米ぬかには、γ-オリザノールをはじめいろいろなポリフェノールや、植物ステロール、ビタミンE(トコフェロール、トコトリエノール)などが豊富に含有。玄米はビタミンB群やビタミンE、カルシウム、リン、鉄、マグネシウム、亜鉛、食物繊維など豊富に含まれており、健康や美容を考える...

脂肪酸について脂肪酸とは一般的には脂肪・脂・油などと言われているものの構成要素です。脂肪というと肥満ということにつながり悪い印象があります。しかし脂肪の摂り過ぎは肥満になりますが、生きるためには重要な成分でもあるのです。体内では脂肪組織の中にエネルギーとして蓄えられたり、細胞膜やホルモンの構成、脳にもかかわる重要な成分などもあります。4つの脂肪酸脂肪酸には4つの脂肪酸があり、これらのバランスがとて...

脂肪酸の働き脂肪酸と一言でいってもいろいろなタイプの脂肪酸に分かれますが、多くの脂肪酸は過剰摂取によって内臓脂肪や皮下脂肪が増えて肥満にもつながります。しかし必要なエネルギーを脂肪細胞に蓄える働きや、ホルモン、やビタミンの前駆体、脳細胞、細胞膜などの構成にもかかわり、ホルモンバランスやビタミン吸収などにも欠かせません。また体内で合成される脂肪酸と合成されにくい必須脂肪酸があり、食品から摂取しなけれ...

不飽和脂肪酸は炭素同士が二重結合をした脂肪酸のことであり、オレイン酸やリノール酸、DHA・EPA、αリノレン酸などがあります。単価不飽和脂肪酸(一価不飽和脂肪酸)と多価不飽和酸脂肪があり、多価不飽和酸脂肪はオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸などに分かれます。不飽和脂肪酸は構造上、二重結合の部分の位置によって分かれますが働きはそれぞれです。単価不飽和脂肪酸(一価不飽和脂肪酸)単価不飽和脂肪酸は悪玉コレス...

炭素間の多重結合していない脂肪酸の総称です。脂質を構成する成分には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があり、飽和脂肪酸は結合している炭素の長さにより、短鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、長鎖脂肪酸の3つの種類に分かれます。短鎖脂肪酸炭素数が6個以下の脂肪酸。酪酸やカプロン酸などがあり、バターや乳製品に豊富に含有。体内では腸内細菌が食物繊維やオリゴ糖を発酵することで合成されます。中鎖脂肪酸炭素数が8〜12程度の脂肪酸。ラ...

体内では合成されない(合成されにくい)脂肪酸のことを指しています。そのため食物から摂取する必要のある脂肪酸です。不飽和脂肪酸の中でも多価脂肪酸が必須不飽和脂肪酸と言われており、オメガ6脂肪酸のリノール酸、γリノレン酸、アラキドン酸と、オメガ3脂肪酸のαリノレン酸、DHA・EPAがあります。必須脂肪酸の含有食品と働きリノール酸紅花油、ひまわり油、コーン油、ゴマ油、大豆油、クルミなど。悪玉コレステロー...

別名「海のカロテノイド」とも言われており、赤い色の天然色素は脂溶性のカロテノイドで体内合成はできません。カロテノイドの種類は600種類以上あると言われています。赤色色素だけでなく黄色、オレンジ色などさまざまです。カロテノイドで知られている成分にはリコピンやルテイン、β-カロテン、ゼアキサンチンなどがあります。その中でもアスタキサンチンは非常に抗酸化力が強いと言われており、その効力は抗酸化ビタミンと...

南極に生息している南極オキアミから抽出されたオイルのことを言います。とても小さな生物で外見はエビに似ていますが、実はプランクトンの一種のオキアミです。鯨などの主食にもなる生物です。今までオメガ3脂肪酸が豊富に含まれている健康オイルというと、青魚から抽出したフィッシュオイルが中心でしたが、いろいろな面で優れたクリアオイルが今注目されています。吸収率の高さフィッシュオイルは水に溶けにくい性質を持ってい...

フィッシュオイルは青魚の脂肪を抽出したもので、カツオ、マグロ、イワシなどから抽出したものがほとんどです。特にイワシにはEPAが多く含まれ、カツオやマグロにはDHAが多く含まれている傾向があります。これらの魚油を使ったDHA・EPAサプリは、血液正常化パワーや脳機能アップパワーとして人気です。酸化しやすいDHA・EPAしかしフィッシュオイルに多く含まれるDHA・EPA成分は、とても酸化しやすいという...

亜麻仁油は亜麻の種子から抽出した黄色のオイルです。オメガ3脂肪酸のαリノレン酸が豊富に含まれています。亜麻仁油100g中に含まれている脂肪は約99.98g。飽和脂肪酸は約8.976g。不飽和脂肪酸の中でも一価不飽和脂肪酸が約18.438g、多価不飽和脂肪酸が約67.849g。多価不飽和脂肪酸の中でもリノール酸は約14.327g、αリノレン酸が約53.368gとなっています。つまり亜麻仁油の約53%...

DPAはドコサペンタエン酸と言い、人体では合成できない必須脂肪酸のオメガ3脂肪酸の1つです。オメガ3というとDHAやEPA、αリノレン酸などがよく知られています。魚にDHA・EPAが多く含まれているのに対し、DPAは魚には少ししか含まれず、アザラシの脂肪に多く含有。DHA・EPA豊富な魚を大量に食べるアザラシはDPAだけでなくDHA・EPAも豊富に含まれています。強力な血液正常化パワーのあるDPA...

脂肪酸の中の不飽和脂肪酸の1つで、炭素が二重結合した構造を持ったオメガ6脂肪酸に属します。体内でリノール酸からγリノレン酸、ジ・ホモγリノレン酸を経てつくられる脂肪酸ですが、主に食品から摂取したい必須脂肪酸です。ビタミンFとも言われており、肉類、魚介類、レバー、卵、母乳などに多く含まれており、植物にはほとんど含まれていない脂肪酸です。細胞膜の構成をし、脳や肝臓、皮膚などさまざまな組織に欠かせません...

神経細胞はニューロンとも言われており、成人の脳の中には約1,000億個ものニューロンがたくさんの枝を出して100兆以上のポイントで接続されているのです。脳内でも特に海馬という部分に多く集まっていると言われており考える力や記憶などを司っています。脳はとても重要な部分であり、余計なものが入り込まないための血液脳関門という、脳に運ばれる血液の関所のような部分があるのです。そのため脳の活性化にかかわる成分...

新鮮な魚のDHA・EPAをくまなく摂取できる缶詰は缶を密封してから加熱・調理をするので、缶詰の中にすべてのDHA・EPAが入っているのです。汁を上手に利用すれば無駄なくDHA・EPAを摂ることができることになります。青魚の缶詰は完全無欠のパーフェクト食品と言えるのです。DHA・EPAは魚の脂に多く含まれているので、調理法によって多くが流出してしまいます。例えば焼き魚をしたときに、したたり落ちる魚の...