DHAとEPAサプリと花粉症|DHA・EPAサプリメントもっと

DHAとEPAサプリと花粉症について

DHA・EPAとアレルギーの関係

DHA・EPAとアレルギーの関係

DHAにはアレルギーを促進してしまう酵素、シクロオキシゲナーゼを阻害する働きがあります。シクロオキシゲナーゼという酵素によって、プロスタグランジンE2という生理活動物質が作られ、アトピー性皮膚炎や花粉症、喘息などのアレルギーによる症状を促進させてしまいます。
またEPAにも花粉症やアレルギーの要因となるプロスタグランジンE2や、鼻づまりや目の痒みなどの要因となるロイコトリエンを抑える働きがあるのです。
DHA・EPAと気管支喘息との研究も発表されています。小児気管支喘息患者29人を対象にEPAを84mg/1日、DHAを36mg/1日含有している魚油を10カ月摂取してもらう実験を行いました。その結果喘息症状のスコアの改善が見られ、喘息患者特有のアセチルコリンの過剰反応にも改善が見られました。その上、血漿中のEPA量も増加も認められたのです。このような臨床試験からもアレルギーとDHA・EPAの関係が確認されてきています。

 

脂肪酸の摂取バランスとアレルギー

アレルギー患者は増える傾向であると言われており、現在国民の4分の1が花粉症患者だとも言われています。化学物質や大気汚染など、アレルゲンが増えていることも事実です。わたしたちの摂取している、必須脂質のバランスが乱れていることも指摘されています。
必須脂肪酸にはDHA・EPAなどのオメガ3系脂肪酸と、リノール酸、アラキドン酸などのオメガ6系脂肪酸があり、この2つのバランスの乱れが花粉症と関係があるようです。オメガ3系脂肪酸は炎症やアレルギーを抑制する生理活性物質をつくり、逆にオメガ6系脂肪酸は免疫反応を激しくし、血栓を作る作用のある生理活性物質をつくります。
どちらも健康のためには必要な働きをしますが、バランスを崩すと健康を害する原因になってしまうのです。
オメガ3系:オメガ6系=1:4が理想的バランスと言われていますが、現在の日本では欧米化した食生活による肉食化や、加工品、スナック菓子、インスタント食品などが増え、このバランスが崩れています。
そのため、オメガ6系脂肪酸を減らし、オメガ3系脂肪酸を増やすという意識が重要なのです。
オメガ3系脂肪酸を増やすためには、魚中心の食生活を増やすことが大切になりますが、なかなか現代社会の食生活では難しいことも。そこでDHA・EPAサプリを取り入れることも必要になるのです。

DHA・EPAサプリメントもっと比較ランキング