子供の成長期に必要な栄養素|DHAEPAのいろいろな働き

子供の成長期に必要な栄養素

脳の成長に

神経細胞の成長は胎児のときからスタートし、生後8カ月ぐらいには最大となり、成人までは減少することなくその状態がずっと続きます。そして細胞膜の多くを占めているDHAは細胞膜を柔らかくし、スムーズな脳内での情報伝達によって柔軟な考え方のできる、回転が早い頭脳をつくることができるのです。20歳頃過ぎると脳細胞は増えることなく減る一方となり、減った脳細胞をいかにフォローするかということでDHAは必要になります。

 

12歳までは重要

12歳までは重要

脳細胞は12歳頃までにはほとんど20歳の脳と同じまで成長し、20歳からは増えることなく低下の一途を辿ります。幼児から約12歳までの間の成長は著しく、DHAも十分必要な時期です。乳児期は視覚能力などによって顔を見分けたりします。乳児期も後期になると運動神経、ものを覚えるという能力が高まり、小学校に上がる頃になると注意力、記憶力などもグーンとアップ。
小学校に入ると学習能力や、生活の中のさまざまな工夫などの能力も高まります。ある実験では6歳から12歳の子供たちにDHA・EPAを12カ月投与。投与しなかった子供たちと比べた結果、言語や学習、記憶などに有意差が見られたのです。

 

視覚機能も高める

DHAは目の網膜にも多く含まれています。目から光が網膜に届き、映った映像が視神経を通って脳に伝わることになりますが、細胞膜に含まれているDHAが豊富であれば、視神経から脳までの情報がスムーズに伝わるのです。それによって静体でも動体でも、見たものは脳に情報が素早く伝わり、即座に判断を下すことができます。

 

心の成長にも関わる

DHA・EPAはこころの安定にも働きます。特にDHAをしっかり摂取することによって、イライラや反抗などを和らげることも。幼稚園や学校などの集団生活によるストレスや、勉強や試験、受験などに対するストレスの緩和をサポートします。

関連ページ

中性脂肪・コレステロール・血液への働き
DHA・EPAの働きで気になるのが、中性脂肪・コレステロール・血液などへの関わりです。毎日の生活習慣が乱れている人は、DHA・EPAをしっかり摂取したいものです。
アレルギー・免疫への働き
DHA・EPAはアレルギーや免疫に対しても深く関係していると言われています。近年ますます増えるアレルギーなどの免疫疾患に悩む人も多いのではないでしょうか。DHA・EPAとアレルギーや免疫との関係を知り食生活を見直しましょう。
DHAEPAと脳の関係
DHA・EPAというと、やはり頭脳に良いと言われています。DHA・EPAと脳との関係についてのご紹介です。最近ではアルツハイマー型認知症などにも良いことも証明され、子どもから老人まで不足しないように摂取したい成分と言われています。