DHAとEPAの違いとは|DHA・EPAサプリメントもっと

DHAとEPAの違いとは

血液を正常化にする働きについての違い

血液が詰まりやすくなる原因には中性脂肪濃度の上昇、悪玉コレステロールの増加、血液の粘性の高まりなどがあります。これらを改善していくためにDHAとEPAはどちらも良い働きをしますが、その働きはそれぞれです。

 

DHAは血管壁や赤血球の細胞膜を柔軟にしていき血流を促進させ、EPAは血小板凝集抑制作用があり血流を高めるという働きの違いがあります。しかしどちらも血液中の中性脂肪の減少、善玉コレステロールの増加、悪玉コレステロールの減少などは同じように働くことも。血液を正常化させる作用だけを見ると、DHAよりEPAの方が強く働きます。

 

神経系に働くDHA

小腸で吸収されたDHA・EPAは血液に入り、それからDHAは神経系細胞の成分となるために脳まで送られます。脳の入り口には血液脳関門という、いわゆる関所のようなところがあり、DHAはそこを通過することができますが、EPAは通過できないので脳の中には入れません。

 

DHAは海馬に多く含まれ、考える力や記憶力に深く影響を与えます。また血液脳関門を通ることのできるDHAは、眼球内の入口にある血液網膜関門も通過することができ、網膜の脂肪40%〜60%にDHAが存在。視力にも大きく関係しているのです。EPAはどちらも通過できないので、脳にも眼にも関係しません。この辺も大きな違いと言えそうです。

 

DHAとEPAの関係

DHAとEPAの関係

DHAとEPAは必須脂肪酸であり、体内生成は基本的にほとんどできません。しかしDHAは体内でEPAから生成することができるため、EPAを十分摂取しておけばDHA不足にはなりません。ただしEPAは確実に外から摂取しなければ体内で作ることはできない栄養素です。DHAとEPAはそれぞれの働きがあり、お互いに補い合い、健康に欠かせない大切な働きをします。DHAとEPAを同時に摂取することが理想的です。

 

 

管理栄養士の一言コラム

油は太る?

管理栄養士からの一言コラム

DHAやEPAは油の一種。一言で「アブラ」というと、こってりしたラーメンやステーキの脂身を想像して、健康やダイエットの大敵とお思いになる方もいらっしゃるかと思います。「油は太る」とか「血液を固まりやすくする」など、とにかく悪者扱いされがちですが、体を元気にしてくれる油もあるのです。それが、DHAやEPAです。

しかし、いくら体にいいからといって、ウナギやトロやブリをたくさん食べすぎると結果的にカロリーオーバーに。人間は、悲しいことに消費カロリーよりも摂取カロリーが多いと体に脂肪としてためる力を持っています。
どんな食事もバランスが大事。魚だけ食べていればいい!肉は食べなくていい!という極端な食生活をするのではなく、日頃の食事の楽しみを残しておきながら少しずつ魚を食事に取り入れてみてください。

DHA・EPAサプリメントもっと比較ランキング